ヘコムスペース

日々の記録

切って焼いて浸すだけ!なすの焼きびたしの悦びを語る

 

こんばんは。お盆過ぎてから過ごしやすい日々が続いていますね。

もう夏の蒸し暑い夜はやって来ないのでしょうか。ちょっぴりさみしい。

今日は夕飯がなすの焼きびたしだったので、なすの焼きびたしがおいしいよって話します。

 

 

 

秋茄子は(美味くて勿体無いから憎らしい)嫁に食わすな

 

 

 

という諺があるみたいですが、一般的に夏野菜と認識されている茄子の旬は

 

7月ー9月

 

です。本来の秋にはもう旬が過ぎてるのです。

つまり、今が旬、安くて美味しい茄子が買えます。

八百屋だと、かたちが悪い茄子なら5本で100円とかで売ってます。

 

 

茄子って焼くだけでも漬物にしても天ぷらにしてもおいしいし、とろとろになった麻婆茄子とかもたまらんのですが、個人的に好きなのは今日作った焼きびたし。

写真付きでざっくり説明します。

 

まずは、茄子の髪の毛をキレイにカットしてイジリー岡田にしてから

帽子をストンと切り落とします。

(髪の毛の高さから切り落とさないのは、頭のところに栄養が詰まってるらしいとどこかで読んだ。まあ気持ちの問題。イジリー茄子がかわいいからやってる。)

その後、切り込みを入れるのですが、最近のマイブームは

頭からおしりにかけて、外側から放射状に、切っていきます。

かっこいいからです。

 

 

 

そして、フライパンに多めにサラダ油をひいて皮のほうを下にして並べます。

 

f:id:he_com:20180820221413j:plain

 

アンノーンを彷彿とさせます?

いい具合に焼けたらひっくり返します。

 

 f:id:he_com:20180820221428j:plain

重厚感のある紫。かっこいい。

しばらく放置してこんなくらいに

 

f:id:he_com:20180820221443j:plain

 

 

だいぶ色素が抜けて、鮮やかな紫色になりました。

そしたら白だしに生姜チューブをとかしてある鍋にうつして一煮立ちさせます。

しょうゆとみりんとか入れると濃い味ですが、さっぱりなら白だしと生姜だけで十分おいしい。

 

 

f:id:he_com:20180820222356j:plain



あ〜金色の白だしに浸かって気持ち良さそうですね〜(

色合いもこのタイミングが一番きれいに感じる。

少しさまして(さめる時に味がしみる)、出来上がりです。

 

 

f:id:he_com:20180820221354j:plain

 

 

 わあおいしそう。おいしかった。

 

ちなみにひたす時間が長いとこうなります。

 

f:id:he_com:20180820222411j:plain

 

燃え尽きたぜ、真っ白にな、す

見た目があまりよろしくないのですが

完全にやられててとろとろでとてもおいしいです。

料理屋さんで出すときは、食感とか見た目とかを吟味して、盛り付け時のだしの量とか器とかで調節するんですかね、大変そう。

見た目よりおいしさ優先で食べられるのは自炊の特権ですね。

 

 

 

いかがだったでしょうか。茄子おいしそうでしたか?

調味料とかかなり適当に作れるのがポイント。

もっとも簡単バージョンなら

サラダ油で焼いて、白だしに浸すだけで作れます。

そこから自分の好みに仕立て上げられる悦びを最近ぼくも覚えました。

次は小口ネギをちらして作ってみたいです。

 

 

今度鉄フライパンをおすすめする記事書きます。

雪平鍋もかっこよくておすすめ。

盆過ぎて来たる秋、わたしと小鳥と鈴虫と、声を聴いていたい夜

 

一昨日から昨日にかけて、急に涼しくなりましたね。

図書館に行った帰り、つめたくかわいた秋の空気と、近くの珈琲屋さんのあったかいシナモンコーヒー、お母さんに駄々をこねて泣いてる小学生くらいの子、夕暮れ、かすかに鳴き始める秋の虫、などが同時に自分の中のノスタルジーやセンチメンタルにはたらきかけて泣きそうになった。

夏が終わるってだけで森山直太朗なのに。理屈じゃなくて急にこみ上げるあれってなんなんでしょうね。

 

 

この記事を書いてる今、あまり虫は鳴いていないのですが、涼しかった昨日一昨日はもう四方八方からすごかったです。ド田舎。

一昨年くらいから虫の声ってきれいやなと意識するようになったのですが、昨日ASMRに使われてそうなくらい美しい音色が耳に入って、わざわざ調べてみました。

使用したのがこのサイト

 

鳴き声検索

http://mushinone.sakura.ne.jp/kikinashi.htm

 

 

その美しい鳴き声とは裏腹の、中にはあわよくばゴ◯ブリと見間違うフォルムの虫たちの画像をクリックすると音声が聴けます。

5、60種類の虫の鳴き声が載ってるんじゃないでしょうか。

作成者様には心から敬服いたします。

 

 

もちろん、SoundHoundのように虫の鳴き声検索などはできるはずもなく、これかな?と思うものをしらみつぶしに探して行った結果、分かった近所の虫は

 

ツヅレサセコオロギ

カネタタキ

スズムシ

その他何かしらのコオロギたち

 

の主に4、5種類でした。拾えてない声もたくさんあったと思います。

 

 

コオロギがベースでずっと鳴いてて、その上にスズムシやカネタタキが乗っかってくるのですが、聴いててとても心地よいです。例えるなら

 

ツヅレサセコオロギ ー ドラム

カネタタキ ー ギター

スズムシ ー ボーカル

その他コオロギ ー ベース

 

のような感じかな?ちょうど良いバランスで鳴いてくれているように感じました。

 

 

で、今日この記事で一番言いたかったのが

 

鈴虫の鳴き声がめっちゃ美しい

 

ということです。

 

 

百聞は一見に如かず、ならぬ、百見は一聞に如かずということで

↓ 

http://mushinone.sakura.ne.jp/sound/suzumushi.mp3

 

ぜひ聴いてみて下さい!個人的には鈴よりも煌びやかな音だと感じています!

 

 

ところで、虫の鳴き声って絶対同じ音程、リズムで鳴くからすごいですよね。

鳥とかもそうだけど。

あいつは鳴くの下手だな〜とか、あれなんか今日鳴き声調子悪そうだね?とか無いじゃないですか。

(もしかしたらあるのかもしれないけど

 

最後にみんな知ってる有名な詩を引用して終わりにします。

 

わたしが両手を広げても
お空はちっとも飛べないが

飛べる小鳥はわたしのように
地べたを早くは走れない

わたしが体をゆすっても
きれいな音は出ないけれど

あの鳴る鈴虫はわたしのように
たくさんな歌は知らないよ

鈴虫と小鳥と それからわたし
みんな違って みんないい

 

金子みすゞ わたしと小鳥と鈴と 一部改変

 

当たり前だけど大事なことってみんな知ってるんですよね。

 

面白くて眠れなくなる数学シリーズが睡眠導入にちょうど良かった話

 

昨日の記事、増田さん本人まで届いたみたいで、ネットってすごい。

ってかあれだけの人を動かす文章がかけるのは大きな武器だよね。

これからもおもしろい文章楽しみにしてます。

 

 

最近、市立図書館に2週に1回ペースで通ってて、ちょうど読み終わったのがこの3冊

 

 

面白くて眠れなくなる数学

面白くて眠れなくなる数学

 

 

 

超 面白くて眠れなくなる数学

超 面白くて眠れなくなる数学

 

 

 

面白くて眠れなくなる数学ファイナル

面白くて眠れなくなる数学ファイナル

 

 

科学とか芸術とか物理とか歴史とかの本はちらほら図書館で読んでたんですが、数学ってノーマークだったので読んでみました。

3冊で制覇したわ、って思ったら、図書館に置いてあるのがこれだけで、他にもいくつか種類があるようですね。著者さんの数学愛があふれてる。

 

でまあ読んでみた感想なんですけど、だいたい見開き2ページで1つの小話になっていて読みやすく、たまにほぇーーってなるポイントがあり、適度に退屈で、いつも寝る前に読んでたんですが、睡眠導入にはちょうど良かったです。

タイトルは明らかに、いわゆる自己啓発本っぽい煽りで、とりあえず手にとってもらって数学の良さを知ってほしいという著者さんの想いが伝わります。

ちなみにこの本を読んで眠れなくなるような人は確実に数学の才能が眠っていると思うので、素数を探す旅とかに出ることをおすすめします。

 

ちなみに自分がほぇーーってなったポイントを思い返すと

・E = mc^2 かっこいい

・e^iπ = -1   かっこいい

・単純完全正方分割正方形 かっこいい

・でっかい魔法陣 かっこいい

・DNAコンピューター そんなSFみたいなことあるんだ

・A4 って 1 : √2 だったんだ〜

葛飾北斎黄金比とy = e^x を感覚的に絵に取り入れているのすぎょい

 

くらいです。

 

完全数とか友愛数とか夫婦数とか素敵だなって思うし、グラハム数の矢印が1つ増える度にとんでもなくパワーが強くなるのすごいんですけど、

いかんせん温度差というか、だから何?みたいなことを結構な熱量で書かれててそれがちょっとつらかった(ごめんなさい

あと数学を他ジャンル、宇宙とか、星とか、詩とか、絵画とか、その辺りと強引に関連付けようとしてるのも少しつらかった(なかにはすんなり受け入れられるものもありました

 

この本を手にとった動機が

・全ては数学に通じている!!!を納得したい

・陰極まりて陽となる!!!を数学→芸術で体感したい

だったので

以前よりは多少、この2つが腑に落ちしたので良かったです。

 

例えば、ゲノム情報も4塩基の組み合わせで成り立ってるので、量子コンピュータとかが実用化されれば、数値化できてしまうのかも、と考えると胸熱です。

陰極まりて〜はちょっと掘り下げ足りなかったので

 

 こんな本を借りてきてしまいました。

またどうしてもこじつけ感は出てしまうんだろうけど。

ダヴィンチとかアインシュタインとかに直接お尋ねしたい。

 

 

結局自分が実践を通して数学に携わらないと、体感できないなにかがあるのだと思います。その片鱗の片鱗を、面白くて眠れなくなる数学シリーズを読むことで垣間見ることができました。

 

 

ブロガー界隈ディスにみる、はてなは群衆の英知か狂気か

今日もふらふらとネットの海を漂っていたら目にとまった記事が3つ。

 

anond.hatelabo.jp

 

ncase.me

 

 

 

 

まず初めの記事に関して、書いてある内容も、書くに至ったであろう動機も、とてもよくわかります。昔の自分にそっくりで…。

自分もなんとなく、高いタダの論理を大手をふって売り歩いているようなブロガー界隈の人たちはあまり好きじゃありません。

自己啓発本に書いてあるようなことしか言わないくせに、おれたち面白いだろドヤァってしてるのがしんどい。

 

ただ、その手の批判の何割かがそうであるように、完全にブーメランですよね。

当たり前なんだけど、特にこの記事を書いた増田さんに深く刺さっている。

無内容な癖に堂々と個性アピールして仲間内で共通の敵を叩く

もうこれはブロガー界隈もはてなもあまり変わらないと思います。

ちょっと主語が大きすぎましたね、特にこの増田さんに関してです。

 

noteまで見に行って、どんな人なんやろとちらほら他の記事も読ませていただきました。

まだこれといって情熱を傾けられるものがあるわけでもなく、突出した実力があるわけでもなさそうです。

簡単に言うと、自分が何がやりたいのかよくわからなそう。

そりゃあそうですよね、勉強ばかりしてきて急に大学生になったばかり。

そんな自分に焦り、苛立ちを感じていて、あのような記事を書くに至ったのだと思います。

 

この記事も自分に向けて若干ブーメランなんですが

自分の場合は多分、多少、増田さんよりは長く生きてるので

少し先を歩いているような気はします。

 

 

 

2つ目の群衆の英知もしくは狂気っていうゲーム

とっても面白かったです。ざっくり

・孤独=影響されがち

クラスタ=ぬるま湯に浸かりがち

ということを体感して理解できます。

 

はてなの人もブロガーの人もリアルからふわふわっとネットの世界に流れ着いて

たまたまどちらかの世界で暮らすことになったのでしょう。

どちらもなんとなく似てる気はしてます。

一度その界隈に身を置くと、その他の価値観は受け入れなくなってしまうみたいです。

 

タイトルに置いた割に、今回のブロガー界隈ディスがはてなの英知なのか狂気なのかはわかりませんし、どっちでもいいのですが

増田さんに出会えて良かったですし、熱量を感じることができましたし、とにかく居場所があること、意見してくれる人がいること、共感してくれる人がいることは、嬉しいことですよね。

と、こんな毒にも薬にもならないことしか言えないのですが、はてなブログ書いてる自分はどっちかというとはてな寄り。

 

 

 

3つ目のエッセイで結びにしようかと思います。

自分の祖父母の代から偶然の出会いと別れが続いてて奇跡の上に自分が立ってるよ

みたいな内容だったのですが、最後に

自分や自分のよしと信じているものを存在せしめた過去の些細な全てへの敬意と、その結果として存在する今の全てへの公平な祝福をもって、できるだけ遠くへ旅をしよう

 と書いてあって、これがすごく言いたかった。

 

エッセイ全体の雰囲気は、昨日読んだ盆の国みたいに白黒ではかない感じでした。

私の家族にも似たような共通点があり、上の世代の人たちって自分の想像の枠をはるかに超えて大変だったんだろうなって思い直しました。

思うことで供養になっているといいですね。

 

 

 

3つの記事どれもそこまで関連してないんですけど、エッセイと、特にこの引用の文章は1つ目の記事に向けたいなと思って今日のブログを書き始めました。

自分にも言い聞かせています。(2回目

 

 

 

明日は就職活動をしに行きます。

盆の国という、けだるくはかない空気感の漫画

 

先ほど深夜ツイッターを徘徊していたら

8月15日(昨日)まで全話無料公開だったという

盆の国

というwebマンガリツイートで廻ってきたので

メモ代わりにここに残しておきます。

 

今も1話から4話までは無料だったので読みましたが

線画が少なく柔らかいまるめのタッチでとても読みやすく

登場するキャラクターの表情や雰囲気がとてもよい

"お盆"というけだるさとはかなさが同居する空気感に浸れます。

 

ぜひとも続きが読みたいところなので漫画喫茶か単行本レンタルか…。

最後まで読みきって気に入ってたら買おうかな。

 

 

ところで

昨日ブコメで見かけたうどんすきってワード、知らなかったんですが

ちょうど盆の国に出てきて解決したり

(うどん+すきやきなんですねおいしそう)

 

昨日読んでた数学の本に奥の細道が登場したのが、

盆の国が載ってるwebサイトの別漫画にも登場したり

 

この手のシンクロニシティ的なものって日常茶飯事なんですけど

特にふと浮かんだ疑問が解決するパターンはよくあって非常に便利です。

脳にそういう習性あるって言いますよね。

なにかこう、意図的に利用できないものでしょうか。

レシピを見ないで作れるようになりましょう。を読んで料理の悦びを知ってしまった

 

一人暮らしを始めて自炊をするようになって早8年。

私の料理遍歴を紹介します。

 

 

クックパッド全盛期の頃、つくれぽが数千の人気レシピを喜んで作っていた時期

つくおき。から作り置きブームが始まり、節約も兼ねて週に一度まとめて料理してお弁当を作っていた時期

インスタグラムがツイッターの利用率を超えた今、オシャレな食器と写真加工でせっせとインスタ映えの料理を拵えていた時期

全てが面倒になり、外食と割引弁当のみになりました

 

今思い返せば、その当時の流行に乗っかって料理のモチベーションが喚起されていたんだなと思います。

そんな御多分に洩れず、再び私の中で料理ブームが到来しました。

 

 

 

レシピを見ないで作れるようになりましょう。

 

レシピを見ないで作れるようになりましょう。

レシピを見ないで作れるようになりましょう。

 

 

この本です。

高級料亭の和食器のようなデザインに

大反響!あっという間に10万部!毎日のごはんはもっとラクに、おいしくなる!

一生モノの料理術

というキャッチコピーで、思わず購入してしまいました。

以下、この本の、料理の悦びポイントを解説します。

 

 

カリッ、ジュッ、シャキッ とにかく美味しそうな擬音語

本を読んでいくと、とにかく擬音語が多いです。食感の音はもちろん、料理中のトントン、ジューッなど、包丁できゅうり切りたくなるし、フライパンで豚バラ肉をじっくり焼きたくなる、そんな素敵な文章で詰まっています。

きっと著者の方が知っている料理の悦びがひしひし伝わってくるんですよね、

あれ?こんな料理って楽しそうだっけ?って不思議に思うはず。

読み進めながら料理疑似体験ができるというより、ある意味レシピ本より料理マンガに近い内容になっています。

 

 

とにかく簡単そう

鉄フライパンでじっくり焼くだけで美味しそうな厚切りの牛肉

カンカンの強火でサッと炒めてパラパラと塩で味付けしただけの野菜炒め

水につけてシャキッとさせた野菜にオイルと塩のシンプルなドレッシングのサラダ

↑擬音語こんな感じです

 

料理ってこんな簡単でいいんだっけ?と感じるレシピばかりですし、それが美味しそうに描かれているんですよね。

アウトドアのバーベキューでシンプルな味付けなのになんでこんな美味しいんだろう?って感じるノリが続きます。

読んだらすぐフライパンで肉をじっくり焼きたくなるし、サッと野菜炒めを作りたくなると思います。

 

 

もちろん挿入されている写真も美味しそう

こんなシンプルでいいの?ホントに美味しいの?って思うんですが

ちゃんと写真が美味しそうなんですよね。

焼き物は鉄フライパンを使っているらしいんですが、

野菜も肉もこんがりして絶妙な焼き色、人間はこんがり焼けた色を見ると食欲が湧いてきてしまう生き物のようです。メイラード反応万歳。

それを支える高級感あふれる重たい黒の食器も良いです。

 

 

実際に料理を始めて

まず、レシピを見るストレス、買い物リストで食材を買うストレス

これらから解放されました。

飲み物などスーパーに買いに行くついでに美味しそうな野菜を適当に買うだけになりました。

また、レシピを見て料理をする、という考えが根本から変わり、自分の中にある作れるものを作ろうというスタンスになりました。

調味料も目分量で入れるようになりましたが、大体美味しく作れます。

まんまと鉄フライパンを購入してしまったため、適当にたっぷりの油と塩胡椒で美味しいので、あまりおいしくなるか不安になることもなく、どんどん料理してます。

 

 

 

朝こんがり焼いたベーコンの悦びやキノコのオイル蒸しの悦び、ナスの焼き浸しの悦び(これはレシピに無い)

さらにはレシピをより美味しくしていける悦び、手際が良くなっていく悦びなど語りたいですが、

こんどは、鉄フライパンの素晴らしさを語る記事を書こうと思います。

 

レシピを見ないで作れるようになりましょう。

料理に対する考え方が変わる一冊なのでぜひ読んで見てください。

 

 

スターウォーズ最後のジェダイ観たけどひどすぎて闇堕ちした話

 

TSUTAYAの返却日に焦ってため込んだ映画観るやつ

ということで昨日のメッセージに引き続き、

前からみようと思ってた最後のジェダイを観たんですが

噂通りのひどい内容でした。

 

フォースの覚醒を観たときに、新しいスターウォーズおわた感があったので

映画館では観る気にならなかったのですが

話題性と準新作100円のために借りてきてしまいました。

 

以下ネタバレ含む感想です。

ここがひどいよ新・スターウォーズ

 

 

 

役者の魅力の無さ

 

レイ、フィン、レンのメインの若者三人がもう絵に描いたような現代っ子

自分世代のことを皮肉って描いてるのかってくらい、みてて辛くなります。

レンの顔を見てるだけで不安になるし、フィンも行動が自滅的で見ていられなかった

普段どんな俳優さんたちなのかわかりませんが、役にハマりすぎでは?笑

 

ルークとレイアも昔の魅力は何処へやら。

覚悟や意志といったものが全く感じられない。

役としても俳優としても全盛期は過ぎ、昔の熱量と比べるとどうしても見劣りしてしまいました。

Ⅳの男勝りなツンデレレイア姫はどこへ…。

 

あともう一人、新出のローズ。

もうネットで散々誹謗中傷されているようなので(略

少なくとも魅力は感じませんでした。

 

フォースの覚醒からの登場人物を考えると

これまでのシリーズのかっこよすぎるヒーローたちへのアンチテーゼがやりたかった

というような意図が感じられないこともありません。

スターウォーズの言葉を借りればⅠーⅥまでの光が強すぎて闇が濃くなった的な。

ある意味バランスがとれるという皮肉な展開になってしまいました。

 

 

演出の適当さ

レイアおばさんの宇宙遊泳

具現化系能力者、マスタールーク

最初からやれよ、ちゅどーんで敵艦隊壊滅

どこで恋に落ちた、ローズのキス

レイに気を遣うダークサイドの赤騎士たち

 

などなど…

ツッコミどころは満載でどう考えたらその演出になるんだってものばかりでした。

個人的にはライトセーバーによる戦闘シーンの迫力がなくなってしまったのが残念でした。

 

もう粗探しとしてしか楽しめない映画

終始上記で述べたような感じなので

うわまたひでえ!うわ!うわ!

といった新しい楽しみ方を自身のダークサイドが引き出してしまいました。

でも、なんだかんだ、ストーリーのテンポは良かったり映像は良かったりするので

150分という長い時間ですが観れなくはなかったなという印象です。

 

 

 

 

 

最後に…影が濃くなると光も強く照らされる

なんか文章の順序が違う気がしますが、

フォースの覚醒から最後のジェダイを観ることで

いかにそれまでのスターウォーズシリーズが魅力的だったかを感じることができます。

今回もチューバッカとR2、C-3POが登場した時の安心感がすごかった。

 

スターウォーズってエディプスコンプレックスと禅思想が根底にあるスペースオペラ

っていう捉え方なのですが、新シリーズではそう言ったコンセプトは感じられませんでしたね。割と簡単に親殺しのタブーを犯しちゃうし。

 

8つもシリーズ観たら最後もきっと観ることになるのでしょうが、

また今回のようにダークサイドに転落して楽しく鑑賞してしまいそうです。

 

 

そういえばレイの未来みえる能力なんなの?

昨日のメッセージでも使えてたけど流行ってるの?

進撃の巨人でもそんなくだりあるし

未来のミライとかやってるし、未来予知は人類の夢ということかな?